消費者金融はとても簡単で安心

6月 25th, 2013

お金を借りるにあたっては、なるべくスピーディーな対応であると嬉しいものですし、信頼できるサービスであることも大切だと私は考えています。
金銭を扱う行為なので、なるべく安全に便利にキャッシングしたかった私にとって、消費者金融は非常に快適です。
消費者金融は、お金を借りるにあたってとてもお手軽かつ利便性の高い方法です。
私は恥ずかしながら銀行系のカードローンや審査の厳しいクレジットカードに受からなかったこともありますが、消費者金融はとてもスムーズに契約することが出来ました。

消費者金融は収入が低い方にも対応しているので、多くの方にとって使いやすいサービスだと思います。
専業主婦の方やアルバイトをされている方でも、キャッシングすることが出来ます。

私が消費者金融に頼ったきっかけは、近いうちにまとまった金額を支払わないといけない予定があったことです。
家の近くにあった無人の店舗の消費者金融で相談してお手続きをしてみたところ、拍子抜けするくらい迅速に、なおかつ非常に簡単なお手続きだけでお金を用意することが出来ました。

運転免許証くらいしか用意しなかったと思いますが、自分の年収など経済状況を伝えることで審査を受けました。
審査にかかった時間は、たぶん一時間弱だったと思います。
特別な書類を用意する必要もありませんし、担保もいらないので本当に安心でした。

消費者金融の利用にあたって不安な点やわからないこともあったのですが、オペレーターの方が丁寧にわかりやすく教えて下さったので、助かりました。
消費者金融はなんとなく怖そうなイメージや利用が難しそうなイメージを少し抱いていたのですが、それは全くの間違いであることに気付かされました。
店員やオペレーターの方など親切で優しい方が多いと感じましたし、利用を始める手続きも驚くほど簡単だったのです。

最近はお店に行かなくてもインターネットからも消費者金融を契約出来るので、まずます便利な時代になりました。
返済も銀行やコンビニのATMから返せるので、返済の手間が無くとても快適です。

おまとめローンで手間を省こう

6月 25th, 2013

カードローン返済が厳しいから、新しいカードを作って返済しよう。

という方は結構います、借金返済に焦りカードローン会社を増やすと典型的な泥沼にはまってしまいがちなので注意しましょう。

私の周りの方も最初は些細なキャッシングから始まり、その後返済が厳しくなって新しいカードを作って返済したというパターンが多く、私の周辺だけでもなく、全国的に同じようなパターンの方が多く、そのような、複数業者に借金を作っている方を多重債務者と言って、債務整理を行わなければならなくなるリスクがあるのです。

やはり沢山の会社から借り入れがあると、焦りも出来てきます、人間は焦りがあると適切な判断が難しくなります、1社の返済が終わっても、また次の会社の明細を見てしまい、さらに新しく借り入れをしてしまうという負の連鎖になりがちなので、一枚のカードローンをキッカケに複数社から借入がある場合の返済のコツとしては、業者からの請求を一本化するおまとめローンで返済すべき金利を少なくすることでしょう。

理想を言うならば、一括で早々に返済すれば良いのですが、複数の借金を抱えた人が一括で返済出来る程の余裕はないでしょう、ですからせめて借り入れ総額は変わらないまでも、返済総額が変わるように利息を軽減するローンに組み直す事で返済を楽にするのです。

一社おまとめでローンを組み直すと、請求日は月一になりますし、資金調達に焦らず冷静になり、支払のプランも立てやすくなり、精神面で余裕も出てきます。

冷静になれば、返済に集中出来ますし、そうなれば早く返済を行う為にムダなモノを省こうと考えが行きます、携帯代にムダは無いかとか、ネットで契約したまま放置している月額会員とか無いか、食費カットとか出来る事は沢山あるでしょう。

カードローンを行う時はあまりに簡単に買物が出来るので買い過ぎてしまう傾向にあるので、自分がいくら使っているのか、どれだけの余力があるのか忘れてしまいがちですから、必ず返済の計画を明確にしてからカードローンを組むようにしましょう。

消費者金融のキャッシングにおける返済方式

6月 13th, 2013

消費者金融のキャッシングにおける返済方式では各社色々な方式を使用していますが、まとめると、「残高スライド元利定額方式」、「元利定額リボルビング方式」、「元金定率リボルビング方式」の3種類に分類できます。

「残高スライド元利定額方式」は、借入残高に応じて毎月の返済額が増減していく方式で、消費者金融で最も多く利用されているものです。借入残高に対する毎月の返済額を低く抑えることができる反面、毎月の返済額が少ないだけに、返済期間が長くなり返済総額が大きくなります。

「元利定額リボルビング方式」では、初回の借入残高に応じて設定した固定返済額(元金+利息)を毎月返済していきます。毎月の返済額が固定のため返済計画を立てやすいのですが、追加借入を行った場合でも毎月の返済額が変わらないため、返済期間が長くなり返済総額が大きくなります。

「元金定率リボルビング方式」とは、初回の借入残高に応じて設定した毎月の返済元金を定額にし、これに借入残高に応じた利息を上乗せして毎月返済していく方式です。返済額に占める元金の割合が高いため、返済期間が短くなることから、返済総額も低く抑えることができます。しかし、毎月の返済額元金に残高に応じた利息を上乗せして支払う分、毎月の返済額が他の2方式に比べると高額になります。

仮に、10万円をキャッシングして、追加の借入をせずに、毎月の返済額を可能な限り低くして返済した場合、返済総額が最も少なくなるのは、「元金定率リボルビング方式」で、返済総額は118,114円です。

毎月の最低返済額が5,000円と高めで、さらにこの5,000円に利息額を上乗せして返済するため、返済回数が20回と最短回数になることから、返済総額も少なくなります。

次に、返済総額が少ないのは、「元利定額リボルビング方式」で119,429円です。こちらも毎月の最低返済額が5,000円(元金+利息)なことから、返済回数も24回と2番目に少ない回数になっています。

最も返済総額が高いのは、「残高スライド元利定額返済方式」で、126,260円です。毎月の最低返済額が4,000円と低くなるため、その分返済回数が32回と増えることが、返済総額のアップにつながっています。

お金にお困りで消費者金融を利用される方は、しっかり返済計画を立ててから消費者金融を利用しましょう。

銀行系の消費者金融業者は人気

5月 23rd, 2013

最近は、消費者金融業者の中にも消費者金融業者として融資を行うところと銀行系の融資会社、消費者金融業者として融資を行うところがあります。

ただし、この銀行系消費者金融業者は実は何通りかに分かれます。

ひとつに、銀行が消費者金融業者に出資する場合や銀行が消費者金融業者を買収した形でなお且つその会社を銀行の子会社にしたもの等があります。

更には、銀行が消費者金融業界へ参入する目的で設立した融資会社等も銀行系消費者金融業者となります。
つまり、銀行系の消費者金融業者とは、銀行が設立したものと、銀行が消費者金融へ出資しているもの。

更には、銀行の子会社になる業者が銀行系の消費者金融業者という事になります。

父の給料前借りにキャッシング利用

4月 17th, 2013

キャッシングの上手な活用法というか、我が家ではやっていることなんですけど、父はよく、枠が空いている人にお金を貸してくれるように頼んできます。これだけ聞くと、「なんて節操が無いんだ」と思われそうですが、給料日がきちんとあって、その前借りが数ヶ月に一度あるだけなんです。私がちょうどキャッシング枠がついていて、父はついていないので、給料日前にお金が少なくなる時期が来ると、おもむろに私に頼みに来ます。「来週、ちょっとこれだけ必要なんだけど、貸してくれないか?」と。

 

もちろん、給料が出た日には、私が貸した分は全額返してもらっているので問題はありません。要するに、私が前借りさせてあげてるという感じですかね。そこまで行く前に、自分のお金はちゃんと管理してほしいものですが。

 

さて、私がネットでオンラインキャッシングをして、そこから父の口座に振り込んでいます。ネットバンキングならもっと簡単に振込ができるので、近々、そうしようと思っていますが、こういう時にもキャッシングは強い味方になるんですよね。

 

しっかりとした使い方と、返済をきちんとすれば、これほど有意義なものはありません。我が家では常に助けてもらっています。ポイントも貯まりますし、貯まったポイントで色々な物を注文するのもまた楽しみの1つなんです。

アコムのキャッシングをウェブで。

4月 17th, 2013

便利な世の中になったものですね。インターネットさえあれば家から一歩も出なくても生活ができるんです。
食材の買い物から、家具まで買えます。

キャッシングも例外ではありません。
今ではインターネットさえあればお金を借りることができるんです。
もちろん、審査もありますし、本人確認の書類も必要になりますがそれらを全てインターネットで対応できる会社が増えています。

私が利用したのはアコムでした。

ウェブで申込というのは誰にもばれたくないっていう方にはうってつけのサービスですよね。

またキャッシングもインターネットで依頼をすれば短時間で自分の口座に振り込んでくれるというサービスも実施しています。
これは消費者金融各社が取り扱っているサービスで大体手数料が無料となっています。
インターネットを上手に使ってお得に賢くキャッシングをしたいものですね。

ローンを借り替えて返済額を減らす

4月 17th, 2013

複数の金融会社からローンを借りていて、首が回らなくなりつつある方もいるのではないでしょうか。
最近はキャッシングも気軽に行なえるようになってきているので、色々なところから簡単にお金を借り、
知らず知らずのうちに大金を返済しなければならないという状況になる方もいるようです。

最近はおまとめローンという名目で、複数のローンを統合するあらたなローンが出てきています。
複数の金融会社でキャッシングを行なっている場合、それぞれの会社の返済日が異なっていたり、
金利の違いなどで、残りの返済額が分からなくなることも少なくありません。

そんな、複数のキャッシングを利用している方に、借り替えて一本化するというローンがすすめられています。
大手の銀行で行なわれていることの多いこのおまとめローンは、
貸すことが目的の金融会社のキャッシングと違い、審査が緩いということはありませんが、
厳しいわけでもありませんので、定職についていたり、安定した収入のある方は大丈夫でしょう。

銀行によっては、配偶者の収入が安定していれば、主婦やアルバイトでも借りかえることのできるところもあります。
このローンの借り換えによって得られるメリットは複数あります。
複数の会社ではそれぞれ違っていた返済日が月に一回にまとめることができます。
毎月カレンダーをめくるたび、今月の何日にはここへ、何日にはそこへ返済しなければならないなどとため息をつく必要がなくなるのです。

また、銀行がひとつになることで、ローン返済残高も明確になります。
複数の会社では、それぞれ違った返済残高で計算するのも億劫になりそうですが、
一社にまとめることで、返すたびに、確実に減っていくことを実感できます。
そして、最大のメリットは、返済額が減る可能性があるということです。

大手の銀行であればもともと金利はそれほど高くないことが多いですし、
まとめることによって、金利が下がっていく場合もあるのです。
これは、金額などによって下がる場合とそうでない場合が出てきますが、
事前に調べることができるので、だめもとで調べてみるのも良いでしょう。

ローンの借り換えによっては、すごく楽になる場合もあるので、
自分の借り換えによってどのようなメリットがあるのか一度調べてみると良いのではないでしょうか。

アイフルキャッシング利用のメリット

4月 17th, 2013

アイフルのキャッシングには、他の融資会社のような無利息の融資は無いので、利用にはあまりメリットが無いように思えるという方も多いのではないでしょうか。
最近は、即日に融資が対応でなお且つ無利息の魅力的な融資が色々とあります。

ですので、そうした融資商品と比べるとやはりアイフルの融資はおトクさが無いように思える部分も事実です。
しかし、アイフルの融資は、金利こそ若干消費者金融業者の高さが見られますが、非常に多彩に融資商品を揃えているので色々な用途に利用できると思います。

金利は、全ての融資商品において「18%以内」に収められており、目的別に利用できる融資商品なら「12%以内に収められている」融資商品もありますので、非常に負担なく利用出来ます。

更にアイフルでは、貸金業法に基づいたおまとめ融資商品もあるので、沢山の借入による負担を軽減する事も出来ます。

また、アイフルは、一般的に融資が厳しいと言われる事業者専用の融資商品もあるので、事業者の方も利用出来ますし、おまとめですと年収の3分の1以上の融資も実現しますので非常に便利かと思います。
他融資会社に比べサービスが少ないように思われがちなアイフル融資ですが、無利息商品こそは無いですが、アイフルには多彩な融資商品がありますので、ひとつの目的に限らず色々な用途に利用出来ます。

 

アイフルキャッシングは、即日融資はもちろん、事業者のための融資商品をはじめ、沢山ある借入をひとつにまとめて返済の負担を軽減出来る融資もあります。

 

また30歳以上の方のためのビッグなローンもありますので、色々な用途、多彩なチャンスやピンチに利用できるかと思います。

 

アイフルのキャッシングは、比較的に審査も柔軟傾向で相談する事により融資も実現しやすい融資会社である事から、審査に不安、自信の無い方の利用も実現します。

 

もちろん必ずしも誰でも利用できる融資ではありませんが、審査が不安な方でも申込みの価値は大いにあるアイフルキャッシングといえますので、融資を検討中の方はアイフルキャッシングも検討してみてはいかがでしょうか。

悪徳なキャッシング会社には要注意!

4月 4th, 2013

たまに電柱などにキャッシング会社の事が書かれているチラシを見た事があると思います。

私が住んでいる地域でも電柱にキャッシング会社の情報が書かれているチラシをいくつか見る事ができます。この電柱に貼られているチラシなのですが、法律上電柱にチラシを貼る事はできないように定められています。

警察の方は、よく電柱に看板などを立てていると思いますが、電柱にチラシを貼っているのは見た事がないと思います。それは法律上電柱にチラシを貼ってはいけないという事だからです。ですので、もし電柱にキャッシング会社の情報が書かれているチラシを見つけた場合には、その会社は悪徳な会社の可能性がありますので、十分に注意していただきたいと思います。

よく誰にでも融資する、審査なしなどの甘い誘惑が書いてありますが、逆に考えるとそれだけ高金利で貸し付けたり、違法な取り立てに遭う可能性があります。これまで何社も申し込みをしたのにも関わらず、審査を通過することができなかった方や、多額の借金を抱えている為にどうしてもお金を借りれないという方がよく電柱に貼られている怪しいキャッシングを行う会社に連絡を取りがちですので、気を付けてもらいたいと思いました。